避雷器の勧め

<二:彡 メモです。

 

避雷器はよいぞ。安心を買える。
仕組み的にはオカルトではないぞ。
気休めだけど。

 

 あ、真面目に調べ物として知りたいならWikipediaへどうぞ。( ´・ω・)ノシ

ja.wikipedia.org

 

 家電屋行くと雷ガードタップとかたくさんぶら下がってるけど、そもそも雷ガードはどうやって機器を保護している器具なのか、ちゃんと説明してる商品あんま無いのよね。

 雷のエネルギーを吸収するモノという理解してる人が多いと思うけど、そんなことしたら一瞬で爆発炎上しますよ。人が即死する熱量を小さな電子部品が受け止められるワケが無い。常識的に考えて。

 じゃあ雷ガードは何をしているモンなのかというと、回路に高電圧が掛かったら回路をわざとショートさせる細工がされている機器です。

 電流は電圧が高いところから低い所に流れるモノなので、活線(Live)と接地線(Neutral)がショートして等電位になってしまえば、たとえLとNのそれぞれに一万ボルトがかかっていても機器側から見た電位差は0Vなので機器側に電流が流れない。つまり吸収しているのではなくて受け流しているワケですね。

「雷さんはここで折り返してください! バイバーイ!」

ってやるのがサージプロテクタさんのお仕事です。

 しかし、受け流すだけでも1万ボルトの電圧がかかれば抵抗が1ミリオームでも10アンペア流れるわけで、小さな電子部品が10万ワットの電力を一瞬とはいえ受けるわけで、まぁ雷を受けた際には普通に壊れます。いわゆる身代わり地蔵、マザー2でいえばぬいぐるみ、女神転生ペルソナでいえばホムンクルス… 一般的な雷ガードはそんな儚い存在です。

 それでも有ると無いとでは大違いだし、そんなに高いモンでもないので取付けとくのが良いと思うます。

 

 しかし、困ったのが電源線の外からやってくる誘導雷でして、こやつは電源線の外から侵入してくるのでここで帰ってねーが効かない。

 玄関を警備して追い返すことができても、窓からコンニチワしてくる不届き者からは守れないわけです。

 よくあるパターンは電話回線越しにやってくる誘導雷で、こいつはDSLモデムからルーター、PCと有線接続された情報機器を駆け巡り、IT機器絶対殺すマンとして被害者にショッギョムッジョを感じさせること請け合いの悪魔です。

 もちろんネットワーク機器を皆殺しにした後は電源線からサヨナラするので、その際に雷ガードも確り処してくれる頼もしい悪魔です。マジで勘弁してくれ。

 まぁ、電話線には電話線用の雷ガードがあるのでそちらを使いましょう。仕組みは一緒なので結局は使い捨てですが。

 あと、回線経由の誘導雷を受けにくいのが光インターネット回線の地味なメリットでもあります。なんで回線売りのみなさんはこの点アッピルしないんだろう? いやまあ無縁でも無いからかな。ファイバーを補強する金属被覆から入ってくる事はあるだろうし。

 

 というわけで、だいたい一発耐えて\(^o^)/オワタするRPGの身代わりアイテムみたいな存在が家電屋の雷ガードなのですが、そんな一発屋では困るって方も居ると思います。

 もちろん対策製品がありますよ。それが避雷器(SPDと呼ばれる機器なのです。こいつは極間だけでなく、電遮断用のアースも纏めて等電位にして主にアース経由でカミナリ様にお帰り頂く仕組みです。これで直撃雷以外はだいたいオッケー!

…になるのですが、大抵はその取付けに免許が必要です。なんせ配電盤弄るので。 だいたい見た目からしてコレやぞ

 うん、ちょっと無理だわ。

 

 そんなわけで一般的にあまり気にされていない製品ではあるのですが、一応あるんですよ後付け品。コンセントにアースが来てないと使えませんが。

 

 こんな感じのものをコンセントに挿すだけ。2Pコンセントなら別途アースが必要ですが、それもアース線をちょろっとネジで留めてやるだけです。簡単!

 もっとも、馴染みのお店にはまぁ置いてないという大問題があるわけですが。

 なんかもう実店舗じゃドコにも売ってないというか、入手はamazonかモノタロウで、みたいな状態なのが困りもの。

 昔はSFUシリーズは店売りしてたんですけど、売り方が胡散臭すぎるんだよ売り方が… 中身はマトモなのにオカルト臭が凄かった。

 

 コンパクトな方が良い人は昭電さんの製品を、AV機器のノイズ減衰器としても使いたいならコトヴェールの製品を選ぶと良いでしょう。

 基本的に機器に近いほど効果的ですが、同系統内にいっこ存在してればOKという製品なので別にプロテクタの先に何も繋がなくても良かったりします。コトヴェールの製品は500Wまでの対応ですが、それもノイズフィルタ(機器側の差し込み口)を使う場合の話。

 他の雷ガード製品も同様なんですが、通常は家のどっかに一個繋がってれば有効なので馬鹿丁寧に全ての機器に取付ける必要はありません。とはいえ、複数あれば負荷を手分けしてくれるのでまるで無駄ってわけでもない。好きなだけ繋げば良い。気休めだけど。

 

 問題は電源環境がオタク的な場合でして、スイッチング電源用にアップトランスなどの変圧器、昇圧器を使っている人は変圧器の前後で回路が微妙に別れてしまうので、避雷器をトランスの前後に設置する必要がありますし、オーディオ用に庭にアースを打ち込んだなんて人はそっち側にもまた避雷器を取付ける必要があります。

 

 いや、ちょっと書き出してみて思ったけど、やっぱこれオタク以外に売るの難しいわ。家電屋が避雷器置かない理由が分かったよ。それでも私はお勧めするけど。

 なんだってしつこく気休めと書いてるかって、仕組みは兎も角、それで機器が保護されるかは結局のところ運次第でしかないからです。いうて8割壊れるものが1割に落ちるだけでも十分有用ですし、なにより、
私はオカルトが大好きだからだよ。

理屈は兎も角、これらの製品の実績やらの統計を私は全く知らないからね。真に受けられたら何かと思うところが。うん。

 とまれ確信が無くてもロマンがあれば満足出来るし、胡散臭くてもお勧めできる。出来てしまう。それがオカルト道なのではないでしょうか…

 定量的にモノを言うならこのぐらいのスペックで何パーセント被害確率が減るとかそういう話が出来てナンボのモンであってですね、しかしそういった投資に値するかどうかの指標がこの辺の界隈にはサッパリ無かったりするんですよ。もしかしてどっかに研究だか論文だかあったりするのかもしれないけれど、私はそういうの見たことも聞いたことも無い。

 でも大好き。

 はい。どうにもなりませんね。

 

とっぴんぱらりのぷぅ