【悲報】Realforce R2はキーボードじゃなかった。

 何言ってるのかわからないって? うん、私も言っててわからんわ。

 

 Realforceとは東プレのパソコン向けキーボードである。なんせWikipediaにもそう書いてある。

 とまれWikipediaにも記事があるくらいマニアックなおじさんに人気のシロモノであり、特徴としては外観が古臭く、価格は高く、重量は重く、錆びや汚れは付き放題といった感じの製品です。

 もっともOADGガチガチ標準仕様の、今時あり得ないぐらい標準標準したキーボードなので見た目が古臭くてもしょうがないし、百個前後のアナログスイッチを独立配線してキーの押し込み量を見てON/OFFの制御をしているので安いわけがないし、むしろ重い方が安定して使いやすいし、汚れ放題なのは単に使い方の問題だし、加えてやたら頑丈なせいで錆が生えても退役しないほど長寿なんであります。

 あと、今現在で普通に買える、買う意味のある国産のPCパーツなんてパッとコイツくらいしか思い浮かびませんわ… 寂しい話ですが。

 

 で、そんなキーボードとしか言いようのないRealforceですが、ついにOADG仕様を脱出し、色々と標準外の仕様をブチ込んでRGBとかR2とかいった製品を出してきました。ワーパチパチ。

 標準的なキーボードの仕様でもPS/2であればキーの状態変化を送信してたんで全キー同時押しなんて無茶が出来たんですが、USBではONになってるキーのリストが送信される仕様であり、その最大数が6であるため、10キー同時押しみたな真似が出来ませんでした。Nキーロールオーバーでも7個目を押した時点で1個目のキーは放した状態にされちゃうんですね。だから未だにPS/2なんてレガシーポートが生きてるんですよ… ゲーマー向けの製品群で。

 R2ではそのUSBキーボードの軛から解放され、結果、下記のよーな同時入力がサックリ出来るようになりました。手の平でざっくり押し込んで37キー。キーボード7個分です。どうなってんのこれ。

f:id:hima-ari:20180115011216p:plain

 

 たとえばMicrosoftのSideWinder X4キーボードではキーボードが内部的に2本あるという変態仕様で17キーの入力に対応していたらしいです。

www.4gamer.net

 

 ではRealforce R2ではどういうことになっているかといいますと、こんなことになっておりました。下図、上の赤枠が本製品なんですが、

f:id:hima-ari:20180115011200p:plain

 USB Composite Deviceて、お前、USB入力デバイスじゃ無いんかい…

 なお、一般的なキーボードは下のようにハブの下にぶら下がってます。

 そう、Realforce R2はLogicoolのUnifyingみたいな複合デバイス扱いなんですね。ですのでUnifyingキーボードが使えないようなKVMスイッチ(PC切替機)に使えません。

 

www2.elecom.co.jp

 で、これ、動きませんでした。

 

(´;ω;`)

 

www.gigafree.net

 しばらくはコレを使って茶を濁します。