読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金持ちの愚痴を読んで感じたことつらつら。

こんなの読んだ

松浦勝人 - こんな僕でさえ富裕層といわれるならば... | Facebook

 

さらに、こんなブコメを読んでた。

はてなブックマーク - 松浦勝人 - こんな僕でさえ富裕層といわれるならば... | Facebook

 

 前者には、まぁ羨ましい愚痴ですわねヲホホホホぐらいの感想しか無いんですが、これを見て普通のことを言っているとか言い出してる人は「少々現状認識に問題が無いか?」と思ってます。貧乏人の妬み嫉みパワーを舐めてるというか…

 

 そもそも、年収手取りで200万未満のわたしみたいなのから見れば、税金を5割取られてようが8割取られてようが、「それでも年収手取り5000万なんでしょう? 十分じゃ無いですか」ってなるわけ。誰だって自分が基準。アッパークラスの悩みなんか理解しようが無いワケです。どうあったところで自分よりも豊かなんだから。

 アッパークラスな人が賤民から同情を得ようというのであれば、人間関係であったり、身の回りの出来事であったりといった内容でなければ不可能でしょうねと思う所。税金にケチつけるなら、それこそ衣食住の殆どを政府に分捕られたって状況でも無ければ貧乏人には理解できまい。というか、わたし自身できない。

 

 ここで貧乏人に想像力を求めてみましょうか。そんなことしたらもっと酷いですよ。暗い未来ばかりを想定して、自棄になったらあとは全自動。反社会的なことしかしてくれません。当然ですよ。そもそも、幸せな想像ができる人は幸せな人なんです。不幸な人は幸せな想像なんて出来ません。やってみたところで、空虚でよく分からないファンタジーに始終します。

 じゃあ不幸な人の楽しい想像って何だと思います? 不幸な人は他人の不幸で楽しむんです。自分より上の人の破滅を見て、自分より下の人の間抜けぶりを見て、調子に乗ってる人であれば引き摺り下ろしてでも… 下世話な週刊誌がなんで売れるか、幸せな人には実感する事は難しいと思います。というか、わたし自身実感は出来てないですが、ああいう話題が好きな人、それはそれは楽しそうな顔してますよ。恐ろしい。

 

 金持ちが「想像力を働かせてよ」と言うときは、「自分と同じ発想を持てよ」という意味が殆どなんでしょうけど、結局の所、そんなことが出来る訳が無いから貧乏人やってんですよ。

 選民は賤民に足を引っ張られる。賤民に利を与えない限りは。だからこそのパンとサーカスってわけで。非効率だとか不合理だとか思う所は理解するけど、そいつら抜きで生活してみなって話です。出来る訳が無い。どれだけ金持ちが身の回りを金持ちだけで固めたところで、格下の格下の格下の… と繰り返す内に必ず貧乏人に関わるんだから。

 最近の日本が平和なのは、最下層民でも飢え死にしないセーフティネットが(不完全ながらも)あるからだよね。「金持ちを優遇してモチベーションアップ!」って絵を描く上で戦わなきゃいけない相手は「誰の物とも付かない怨念」ですよ。まぁ、頑張って下さい。