ラクリアミストにオスバンを

ラクリアミストというちょっとアレな加湿器が我が家には鎮座しておりまして、メンテナンスが楽との囁きはどこからのものだったか、実際はものすっごい手間のかかるシロモノで、普通に使ってるとピンク色のぬめぬめが凄い勢いで発生します。まぁ、普通の加湿器と違って臭くはならない辺りは流石なんですけどね…

 

で、このお掃除の手間を省くためにいままで加湿器の除菌タイムという製品を使っていたのですが、これがまた高い。500mlで千円。かつての収入ならまぁ許容出来てましたが今の収入でコレはちょいと。というわけで似たような組成のオスバン液を使用する事を検討しましたが、適当に放り込むとラクリアミストの内部で泡を吹いてバチバチビチビチ五月蠅いのなんの。しかも本体内部が逆性石鹸でドロドロになるおまけ付き。こりゃないわーということで最適な分量を模索中の今日この頃です。

 

加湿器の性質として、貯水タンクの逆性石鹸濃度が一定だと加湿トレイ上で濃縮されていってしまうので、最初は調子が良くても次第に具合が悪くなる。ですので、ギリギリいっぱい濃縮された状態でギリギリ泡を吹かない程度の濃度にまで希釈しておく必要があります。

 

今のところ、1200倍希釈(水6リットルに対して5ml)程度が限界かなぁと踏んで運用中。さすがに5mlは計量しづらいのであらかじめ3倍希釈にして使っていますが、そもそも1000倍液って時点で殺菌能力としては微妙そうな… まぁ、濃縮されることで最終的に100倍液相当には濃縮される筈なので、殺菌力的にも問題無い筈…?