Twitterに虚しさを感じるようになってきた

 自分みたいなダラダラ書き野郎は、何かの制限が無いとどんどん文章が長くなってわかりにくくなるので、Twitterは大変素晴らしいツールであるわけです。

 また、書いたモノがどんどん流れていくからこその気軽さってのはあるし、書くのに飽きたらオチも何も付いてない状態で放り投げることも可能。続かないクソにまた有用なツールです。

 

 ですがねー、どうも自分で過去に書いた内容すら流れてしまい、見返すこともろくに出来無いってのはやっぱなんだかなぁと思う訳です。だったらブログにコピペっておけばいいじゃないと思い直してアサブロ行ってみたんですアサブロ。チラシの裏の走り書きっての既に有るんです。そしたらなんか書く気起きないんですよね。インターフェースの微妙さが凄くてさ。ついでに言えばもうアレも黒歴史の一種ですよ。Tipsタグ以外の記事は全消ししても良いと思うぐらいにアレすぎてもう書く気無くなった。

 

 そんなわけで新天地としてはてなブログなんての始まってるし、最近はてなが居心地良いので日々のダラダラしたところはだいたいこっちに移そうかなと思いまして。

 

 基本的にTwitterに書いたことのコピペにしておこうかなと。自分用のメモでしかないというか、それで良いでしょ。向こうだってTwitterだって誰が見てるとも知れんゴミだったので、今まで通りといえばそんな感じですええ。

 

 あー、こうして書いててわかった。自分の文章は人に見せるものでもウケるものでも無さそう。まぁいいや。スター乞食はブックマークで十分だ。