無効化… 出来ないので消す。

一体何が原因なんだか分からないけどデレステの音ズレが酷く、ちょっと前は18とかで叩いてたのにズレにズレて30とかになるようになってきた。腕が落ちたとかいうレベルじゃなく叩いてて楽しくない。無理っすわコレ…

 しゃーない初期化の時期かと諦めて初期化したものの治らず。ってことはアプリ側かね。15日頃だからちょうどおかしくなった時期に符合するし…

 

 まぁ、それはどうしようもないとして、端末メーカーが何を考えてるのか知らんけど、近年の端末ではhideコマンドが潰されてる例が多いようで、クソウザブロートウェアが裏でリソースを食い潰してくれおって大変ムカつく。が、しっかり穴を見つけてくれる皆様には感謝しか無い。残念ながら無効化ではなく削除になってしまうので、リセットする気が無い人は手を出さないように。

 

 ADBをインストールして無効化のコマンドを打つだけ簡単。下記サイトが分かり易い。

 

butsuyoku-gadget.com

 

hanpenblog.com

 

 SH-03Jで無効化した時にバッチ作ったので一応晒しとく。

 バックアップは忘れないでねー。Googleクラウドバックアップは完全じゃないのでドコモとシャープのツールを使うのよー。私はそれを忘れてショートメールを綺麗に吹っ飛ばしました。めでたくなしめでたくなし。

rem 一括アンインストーラ
rem 有害かつ消せない。絶対殺す系。

rem Docomo Live UX
adb shell pm uninstall --user 0 com.nttdocomo.android.dhome
adb shell pm uninstall --user 0 com.nextbit.app

rem テレビ
adb shell pm uninstall --user 0 jp.pixela.stationtv.localtuner.full.app
adb shell pm uninstall --user 0 com.ipg.gguide.dcm_app.android

 

rem 無害かもしれんが消せない
rem ロボクル
adb shell pm uninstall --user 0 jp.co.sharp.android.shrobodockservice

 

rem 無効化可能だが有害
rem iコンシェル
adb shell pm uninstall --user 0 com.nttdocomo.android.iconcier
adb shell pm uninstall --user 0 com.nttdocomo.android.iconcier_contents
adb shell pm uninstall --user 0 com.nttdocomo.android.mascot

rem Facebook
adb shell pm uninstall --user 0 com.facebook.appmanager
adb shell pm uninstall --user 0 com.facebook.system
adb shell pm uninstall --user 0 com.facebook.orca
adb shell pm uninstall --user 0 com.facebook.katana

rem エモパー
adb shell pm uninstall --user 0 jp.co.sharp.android.emopar
adb shell pm uninstall --user 0 jp.co.sharp.android.emopar.internalcontent
adb shell pm uninstall --user 0 jp.co.sharp.android.emopar.internalcontent2

 

rem 無効化可能で無害。…はuninstallで処置しない方が良い。

 

rem アンインストール可能だが有害。一気に消す用
adb shell pm uninstall --user 0 com.amazon.mShop.android.shopping
adb shell pm uninstall --user 0 com.amazon.kindle
adb shell pm uninstall --user 0 com.instagram.android
adb shell pm uninstall --user 0 jp.co.lawson.activity
adb shell pm uninstall --user 0 jp.co.nttdocomo.dbook
adb shell pm uninstall --user 0 com.mcafee.vsm_android_dcm
adb shell pm uninstall --user 0 jp.co.sharp.android.shmediaplayer
adb shell pm uninstall --user 0 com.nttdocomo.android.photocollection
adb shell pm uninstall --user 0 com.nttdocomo.android.moneyrecord
adb shell pm uninstall --user 0 com.mobileselect.somcprein
adb shell pm uninstall --user 0 jp.dmapnavi.navi02

pause

 適当なバッチファイルに上記テキストを貼り付けて実行するだけ。バッチファイルとかコマンドプロンプトとかワケ分からんって人向けの丁寧な説明はする元気が無い。時間が時間ですし…

 元の情報では「-k」オプションが付いてたけど、アレは何のために付けてるんだろう? ゴミが残るだけだと思うんだけど… わざと残しておくべきものなのかな? -kオプションが何故必要かって理由は結局分からずじまいだったけどもうどうでもいいや眠い。

 兎に角不毛な時間でごぜえましたよ… ( ´Д`) <はぁー

REALFORCE SA R2SA-JP3-IVのレビューを書いた。

f:id:hima-ari:20180118185811j:plain

 Realforce R2で30g統一荷重の製品が現状コレ一本なので、APC機能とかスペーサーとか別に要らんとは思ってたけどREALFORCE SA R2SA-JP3-IVを買いました。価格.comのクチコミでガチャガチャやってきましたので、注意点などをレビューとして纏めておきます。

※注意点1 : 少し特殊なキーボードです
 このキーボードは見た目こそコンサバですが、一般的なキーボードと違って複合デバイスですのでキーボードの直結が要求される機器で利用出来ません。
 大半のPC切替器(KVMスイッチ)やキーボードエミュレーター、一部のマイコン機器が相当するかと思われます。Realforce RGBや、ゴチャゴチャボタンが憑いてる系のゲーマー向け変態キーボードの類いだと考えて扱うのが無難でしょう。

hima-ari.hatenablog.com


 私はこのために泣く泣くKVMスイッチを新調しました。これまた、だいぶ変態的な格好で。ぶっちゃけ最新のHDMI KVMスイッチ一本でもイケそうなもんですが、高価なくじ引きも正直面倒でして… で、結果が↓コレだ。ぬーん…

hima-ari.hatenablog.com


※注意点2 : 設定は保存しないと消えます
 APC設定の切替や、設定ソフトによる変更は一時的なものです。電源を切ったり他のパソコンに繋ぎ替えた際に変更した設定を維持する場合は、あらかじめ設定ソフトを使用してキーボードの設定を変更し、キーボードへ保存する必要があります。


※注意点3 : 詳しいマニュアルがありません
 極めて不親切なことに、まともな本体説明書がありません。紙が付属していないだけでなく、電子版すらありません。設定アプリの説明書きで充分と踏んだのでしょうか、あるのは注意書きとファンクション一覧だけという…

 なので、個人的に困ったポイントの説明(妄想)を書いておきます。

APCについて
 キーのON位置を変更出来ます。

 一番右上のボタンで簡易切替が出来ます。

 インジケーターの色は
   白:キー毎に深さを設定
   青:全キーを1.5mmに一括設定
   緑:全キーを2.2mmに一括設定
   赤:全キーを3.0mmに一括設定
 を表しています。

 1回押した時に現在の設定が表示され、続けて押す毎に緑→赤→白→青→緑と遷移します。注意点2で前述の通り、簡易切替のON位置設定は保存されず、キーボードの電源がオフになる度にリセットされます。出荷時の初期設定は「緑:全キーを2.2mmに一括設定」のようです。

 接続する機器によっては常に電源が供給されるため、うっかりするとこれ気付かずに運用し、停電や移設の際にデフォルト設定に戻されて、
「いつの間にか設定が変わっている!」
 なんてことになりそうです。

 また、APCのデフォルトを変更したりキーをカスタマイズする場合は、従来品のようにDIPスイッチによる設定ではなく設定用ソフトウェアのインストールが必要になります。職場に持ち込む場合は私物PCで事前に設定しておくか、インストールの許可を貰う必要があるかもしれません。


★カスタマイズについて
 Realforceのサイトから設定用ソフトをダウンロードします。
  http://www.realforce.co.jp/support/download/index.html

 カスタマイズで出来ること
   ・APC切替の初期設定を変更
   ・キー毎のON位置設定を変更
   ・CAPS LockとCtrlキーの入替え
    (キートップや取外し工具は製品に付属)
   ・指定したキーの無効化(キーロック機能)
   ・インジケーターの色を変更(RGBの組合せ7色から)
   ・インジケーターの消灯
   ・インジケーターの明るさを変更
   ・設定の記録と復元


キートップの交換について
 下記サイトの記事が参考になると思います。

jisaku-game.com

 スペーサー挟みたい人は頑張ってください… 私はめんどくさくてやってません…

 

 以上、注意点でした。以下、レビュー。

【デザイン】
 カクカクしてます。その分コンパクトで良いんですが、これまでのRealforceの丸っこい見た目が好きだった人としては、ちょっと寂しい。あと、前機種より全体的に厚みが少し減ったので、よりタイピングしやすくなりました。とはいえ、パームレストはまだまだ必要かな…

【キーピッチ】
 The 普通オブ普通。キートップの形状もやはり普通オブ普通。普通で良いんですよ実際… 寧ろ変な形のがよほど困ります。キー形状の大切さはK375sの糞っぷりで心底思い知りしました。

ストローク
 とても滑らかで軽快、快適そのもの。打鍵に殆ど力が要らないので文章打つのが凄い楽です。

 製品仕様にキーストローク4mmとなっていましたが、実際の摺動範囲をノギスで測ると4.5mmほどありました。てかよく考えると4mmに3mmのスペーサ噛ませたら1.5mmのON位置に届かんくて入力不能やん。測り方が違うのかな?

【キー配列】
 ガチガチのOADG準拠仕様から変わってFnキーが入り、最下段の灰色キーが小さくなってスペースバーが大きくなりました。これが大変打ちやすくて最高です!親指をスペースに伸ばさなくて良いんですよ!

【機能性】
 ゴチャゴチャとボタンを増やすより、Fnキーの組み合わせで逃がすのは理にかなってると思います。普段使わないボタンが物理的に鎮座してるよりよほど機能的というか。
 ところで、Realforce RGBにはあったFn割当内容の表示がキートップに存在しないのですが、つまりコレは後々、割当て内容をカスタマイズ出来るようになる布石って理解で良いよね?
 期待してるよ… 一方的に… フヒ…

 ここから唐突に始まる「はてなブログ」に対する愚痴
 …で、ここで「続きを読む」機能を使ったら、はてなブログの「続きを読む」が実質「全文読む」だって事に気がついてガックシ。idすら付かんてお前… だったら名前変えようよ。
 ここまで「はてなブログ」に対する愚痴。

ここから価格.comに書いたレビューの続きになります。

 

【耐久性】
 これまでのシリーズの頑丈さを考えるに、たぶん高い。また、ベースのさび止めなどの話を聞くに、以前に増して耐久性は高いのではと思ってます。
 懸念としては、設定記録用のフラッシュメモリがすっ飛んで死ぬ、なんてパターンがありそうなくらいか。

【総評】
 入力負担が軽いキーボードの最高峰。値は張るけど、日頃から長時間キーボードを叩いている人は健康のためにもお勧め出来る逸品です。マニアックなエルゴノミクスなんたらの類いと違って変な癖も付きにくいし。

 インジケーターの明るさを変更出来るのはとてもありがたい。明るい所では暗いと見辛いし、暗い部屋では眩しいし。前機種では眩しすぎでLEDにカラーテープ貼って凌いでましたわ…

 従来モデルの細かい欠点をガッツリ潰して来た本製品は、既にRealforceを使っている人にも自信を持ってお勧め出来ます。KVMスイッチなどご利用の方は動かないKVMスイッチを窓から投げ捨てる覚悟をするか、従来モデルを使えば良いかと思います。従来モデルとの違いは公式をはじめさんざあちこちで書かれてますが

  ・R2よりガタイが大きい。特に奥行きが長い
  ・ケーブルの引き出し方向は左右のみで中央から引き出せない
  ・ゴム足が2個だけで滑りやすい
  ・USBモデルの同時押しは6キーまで
  ・LEDが眩しい。色はもちろん明るさも変えられない
  ・テンキーレスモデルはインジケーターがそもそも無い

 といった具合で、正直これらR2の改良点はどうでもいいという人もけっこう居る筈。モデル選びは下記サイト記事が参考になると思います。

pasokatu.com

 

 APC誤爆防止設定とかプレイするゲーム毎に違うだろうから、他社製品によくある「使うアプリによって設定を自動切り替えする機能」が出来ればベストだろうし、能力的には簡単に出来そうなもんだけど、どうなんでしょ? 常駐嫌いだから個人的には要らんけど要望は多そう。んでも、そこまでやっちゃう人はもうRealforce R2以外の選択肢がこの世から消えそうな気が… 静電容量無接点方式ならではの機能だし、今のところ東プレ以外の実製品を見たこと無いしね…

 

 レビューにもちょろっと書いてるけど、今後のアップデートで機能が増える可能性も少しありますよね。個人的にはテンキー部分をカスタマイズして音量とAPCを潰して

f:id:hima-ari:20180118201921p:plain

 こんな風にExcel向けな配列に出来たら、もう最高じゃないかと思ってるんですが…
あとFnキーの割当てとか自由に出来たら神ですよね。

 カスタマイズ自在で動作自体は専用ソフト不要なテンキー単品とかあったりはしますが、キーロールオーバー非対応のクッソしょぼい奴しか無いんですよね。カスタマイズ自在の製品は専用ソフトやドライバが必須だったりで、現状はどうも痒い。


 ここから完全に余談になるけど、価格.comのレビュー欄、デザインの評価って要るもんなんですか? そんなもん、写真で見たまんまじゃないの?

 それとも、他人から見て格好いいとかダサいとか、どう見られてるのかが気になったりするもんなんでしょうか? お洒落着の話なら兎も角、道具の見た目の印象において、言っててやっぱ他人が感じる優劣を気にする人の気持ちは全く分からない… 使う人自身が好きか嫌いか、それが全てじゃ無いの?

 それとも、レビュアーの個人的な好き嫌いを開陳して満足するための項目なんでしょうか? その場合、読む側としては不毛この上ないよね。さらに「このデザイン嫌いだから改善してくれ」的な意味合いだと、もはやクレーム専用の項目のような。いや「、今後もこの方向性で宜しく」というパターンもあるからそうでもないか。

 やっぱりよく分からん。いつ見ても意味不明…

 

 キーストロークをデプスで測ったときに思ったけど、やっぱアナログノギスで差分測定めんどいよう… デジタルノギスほちい。ミツトヨ高い。あと奴ァ箱が無駄にでかいのも地味にツラい。

KVMスイッチを作った

 切替機やハブを組み合わせてRealforce R2でも使える切替機を作ったよ。

f:id:hima-ari:20180116030403j:plain

 以上、見た目はお察しの通りかと思われます。

 

 当然、ホットキーなぞ存在しないし、KMとHDMIはそれぞれ別個に切替える必要がある糞仕様。

 んでも、デュアルディスプレイのサブ側に繋いでるんで、KMと一緒に画面が切り替わるのも困る場面が多いので私的にはこれでいい。ホットキーが使えないのは痛いけど、まー探すだけ無駄だろうなと。

 

 ついでにブレーメンの音楽隊よろしく重なってるブツについても紹介しときます。 

 マトモなHDMI切替器ってあんま無いんですよね。
 その辺で売ってる切替器で切替えるとPC側からディスプレイが見えなくなって、デスクトップアイコンの配置が崩壊したりします。マルチディスプレイではコレが痛くてですねー。
 RATOCから出てる切替器はEDID保持機能こそ憑いてますが、WQHD解像度(2560x1440)に対応してませんし、Makibesとかいう謎メーカーの製品は数ヶ月でぶっ壊れたし、コレを入手するまでに各店舗様には大変ご迷惑をおかけしまくってました。
 ウチの環境だと切替えにかかる時間は3秒未満。

 

ロアス 小型切替器 USB 4回路切替 SWK-U4PC

ロアス 小型切替器 USB 4回路切替 SWK-U4PC

 

 USB切替器ってだいたい操作部分が天井にあって置く場所によっては操作がキツいんですよね。ほんで機器側面から操作できるという条件で探すとコレ一択に。
 たぶんICチップも入ってないバリバリアナログ なモツが入ってるんじゃないかと想像してるんですが、今の私に開ける元気は無かった。誰か開けて記事書いてねえかなー…

 

 Multiple Transaction Translatorを搭載しており、ケーブルが短く、それなりに小型となるとコレ一択になります。Multiple TTがないとゲーム中にキー押しながらマウスを動かす際にカーソルの動きがぎこちなくなることがあるのでご注意を。
 Multiple TTの存在を明記してるメーカーって昔からBuffaloぐらいなんですよね。他メーカーも同機能を乗っけてるならPRになるだろうに、なんでか書かないんだよねぇ。
 うちの環境だと、この組み合わせで、切替えにかかる時間は2秒未満。

 

 それぞれの機器にはホムセンで買ったゴム足を付けてあります。USB切替器にゃ不安は無いんだけど、HDMI切替器は熱を持つ可能性結構あるんでね… 密着は避けたい所なのです。

 まー何にせよ上手く行ってよかったよかった。

【悲報】Realforce R2はキーボードじゃなかった。

 何言ってるのかわからないって? うん、私も言っててわからんわ。

 

 Realforceとは東プレのパソコン向けキーボードである。なんせWikipediaにもそう書いてある。

 とまれWikipediaにも記事があるくらいマニアックなおじさんに人気のシロモノであり、特徴としては外観が古臭く、価格は高く、重量は重く、錆びや汚れは付き放題といった感じの製品です。

 もっともOADGガチガチ標準仕様の、今時あり得ないぐらい標準標準したキーボードなので見た目が古臭くてもしょうがないし、百個前後のアナログスイッチを独立配線してキーの押し込み量を見てON/OFFの制御をしているので安いわけがないし、むしろ重い方が安定して使いやすいし、汚れ放題なのは単に使い方の問題だし、加えてやたら頑丈なせいで錆が生えても退役しないほど長寿なんであります。

 あと、今現在で普通に買える、買う意味のある国産のPCパーツなんてパッとコイツくらいしか思い浮かびませんわ… 寂しい話ですが。

 

 で、そんなキーボードとしか言いようのないRealforceですが、ついにOADG仕様を脱出し、色々と標準外の仕様をブチ込んでRGBとかR2とかいった製品を出してきました。ワーパチパチ。

 標準的なキーボードの仕様でもPS/2であればキーの状態変化を送信してたんで全キー同時押しなんて無茶が出来たんですが、USBではONになってるキーのリストが送信される仕様であり、その最大数が6であるため、10キー同時押しみたな真似が出来ませんでした。Nキーロールオーバーでも7個目を押した時点で1個目のキーは放した状態にされちゃうんですね。だから未だにPS/2なんてレガシーポートが生きてるんですよ… ゲーマー向けの製品群で。

 R2ではそのUSBキーボードの軛から解放され、結果、下記のよーな同時入力がサックリ出来るようになりました。手の平でざっくり押し込んで37キー。キーボード7個分です。どうなってんのこれ。

f:id:hima-ari:20180115011216p:plain

 

 たとえばMicrosoftのSideWinder X4キーボードではキーボードが内部的に2本あるという変態仕様で17キーの入力に対応していたらしいです。

www.4gamer.net

 

 ではRealforce R2ではどういうことになっているかといいますと、こんなことになっておりました。下図、上の赤枠が本製品なんですが、

f:id:hima-ari:20180115011200p:plain

 USB Composite Deviceて、お前、USB入力デバイスじゃ無いんかい…

 なお、一般的なキーボードは下のようにハブの下にぶら下がってます。

 そう、Realforce R2はLogicoolのUnifyingみたいな複合デバイス扱いなんですね。ですのでUnifyingキーボードが使えないようなKVMスイッチ(PC切替機)に使えません。

 

www2.elecom.co.jp

 で、これ、動きませんでした。

 

(´;ω;`)

 

www.gigafree.net

 しばらくはコレを使って茶を濁します。

デレステ画質設定考

 へろー。みんな元気?
 私は絶賛無職なのに就活もせんとデレステで遊んでたよー。

review.kakaku.com

 そんでですね、価格.comでレビウを書いたんですが、同時にアップロードした画像が解像度潰されててあんま参考にならないシロモノになっちゃってたんですね。悲しいのでその後の試行錯誤も含めて書いてみた。

 

 上でぶっちゃけて書いてますが、AQUOS Rはデレステに向いてる端末では無いように思えます。なんせ解像度が高すぎて高画質モードでプレイはおろかMV再生すらガタつきますし、画面右側中央辺りは時々タップ抜けするようです。(私が単にヘタクソなだけの可能性が多いにあるので断言はしない)

 じゃあ高画質モードやめたらってなるとこれがホント悲惨というか、WQHDからFull HDをすっ飛ばしてHD解像度まで落とされちゃうもんで、5インチでHD解像度ともなると、流石におっさんeyeでも違いが分かってしまうというもので…

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hima-ari/20180113/20180113202606_original.png

 拡大推奨ほら見てこの差。萎えるに決まってんじゃん。実機だとジャギーとスケーラーの相乗効果でよけい変に目立つんですよ。

 HD解像度つったらNintendo Switchもそれなんですが、こちらはアンチエイリアシングかけてくるだろうからHDでも実害なかろうけど、デレステスマホの高画素密度に期待してかアンチエイリアシングを使わないのよね… オプションでAAかFull HD表示のモードとかできないもんなのでしょうか?

 

 あと、画像を見てお気づきかもしれませんが、左から2番目と4番目の画像は端末の解像度を弄ってスクショ取りました。

 

rapid-service.hateblo.jp

 意外と問題らしい問題はなくサクッとできましたはい。そう、ボッケボケ液晶化させることにはなりますが、一応回避策はあるんです。

 実際遊んでみた感じ、おおよそ問題無く遊べるし、描画もスムーズで、前機種SH-04Hで発生していたサーマルスロットリングも発生しないと性能的には中々優秀なものでした。

 また、前機種SH-04Hでも苦しまされたEVERMOREのタップ抜けらしき挙動がこちらでも見られる辺り、あとちょっとばかしSoCの性能が足りてないようには感じましたが、PROでフルコン出来ることが希という程度のウデマエなもんで本当に機器由来か自信がありません。

 

 ともあれ、液晶の解像度にSoCの性能が全く追いついておらず、実用時には極端に画質を落とさざるを得ないという本末転倒な端末だと感じています。これで画面がFull HDだったらと思うと惜しいやら悔しいやら…

 昨年末にRAZERがこのAQUOS Rとソックリスペックのスマホ作ってたんですが、この結果を見るに、ありゃあ最新のゲームやらせる気は無いんじゃないかな。かなりの割り切りが必要かもね。

 まぁ、あの辺は半端スペックのノートPCに4Kディスプレイ乗っけたような、実用し難い謎製品を「ゲーマー向け」として売りさばく狂気の世界だったりするので、今後もゲーマー向け製品は信用しないことにします。

 

 なお、5.2インチのFull HDでSoCがAQUOS Rより上等な機種は既にあり、製品名をXPERIA XZ1と申します。こやつが端末課金向きの物であるかはわからないけど、ユーザーがうらやましいわ…

(´・ω・`)

Check Flashの使い方解説、誰か書いてくれんかな…

 新しいSDカードとか買ってきた時、
「そんなにヘビーな使い方してないのに早々に故障した」
 なんて経験をお持ちの方、居らっしゃると思います。

 近年のフラッシュメモリは最初からある程度の不良を抱えて世に出てきますので、それをカバーするために予備領域を持ってたりするんですが、そのためガチ不良品でも最初は誤魔化しが効いてしまうんですよ…
 32GBのmicroSDを買って、一日32MBしか使わなかったら普通に三年保っちゃいますし、全領域使い潰す事も無いならさらに不良は見つからないまま定年を迎えるわけです。こうして端から数割が死んでるような完全な初期不良品が良品として存在してしまうのがこの世界。恐ろしい恐ろしい…

 事前に分かる危険は最初に潰しておきたい、そんな常日頃から石橋を叩き壊しているそこの貴方にお勧めなのがCheck Flash
 ストレージに対してデータをひたすら書いて検証するを繰り返してくれる素敵なソフトです。問題はWindows Vista以降での挙動がとんと玄人向きというか、普通に使って普通に使えないんですよね。良品相手でもエラーだらけ扱いされて全く使えないんですが、これは単純にWindowsが横からちょっかいかけてるせいなんです。みんなWindowsって奴が悪いんだ。

利用にあたってのポイントは
  ・Windowsがちょっかいかけない状態を作る
  ・管理者として実行する
  ・(場合により)ChkFlashがストレージを認識出来る状態にする
この2(+1)点。

 それではChkFlashを使った全領域テストを雑に解説するよー!
 丁寧な奴は誰か作ってくれ。私はめんどいからやらない。

 あ、本テストはしくじるとストレージのデータが全部ぶっ壊れます。
 間違ったドライブにやらかすと割と死ねるので、
   ・十分に注意する
   ・システム以外のストレージを持っていないPCを用意する
 など、対策しましょう。


●ダウンロードとインストール

・先ずCheck Flashをダウンロードします。
 HOME PAGE OF MISHA CHERKES 

・Crystal Disk Markをダウンロードします。
 CrystalDiskMark - ソフトウェア - Crystal Dew World

・ついでにSDカードが相手の場合はSDフォーマッタもあった方が良い。

www.sdcard.org

 後は適当にインストールしといてください。

 

ベンチマークを実施し、記録する
 地味に大事な作業です。全領域書き込み後にパフォーマンスが大幅に落ちている場合は近日中に死ぬカードである可能性が高いです。
 前項でCrystal Disk Markを紹介していますが、取り方は何でも良いです。CDMは地味に記録の管理が大変なのが難点なのよね。

f:id:hima-ari:20171228213543p:plain

 ベンチマーク結果は頭に保存ではなく、スクショかデータで取っておいた方が良いです。不良品掴まされたときの説明に役に立つので。
 また、連続稼働で発熱してパフォーマンスが落ちるカードなんかもあるので、シバいた後にベンチするか、しばらく冷やしてベンチするかの方針はこの時点で決めとかないと比較にならない点にもご注意ください。
 上記画像が2枚重ねになってるのは二兎を追った結果です。右の方はシーケンシャルライト(右上の数値)少しだけダレてますね。

●ストレージの内容を破壊する

・スタートメニューを出してそのまま"diskpart"と入力してEnterを押します。
 (古いWindowsの場合はWindowsキー+Rでファイル名を指定して実行)

diskpartの実行
・プロンプトが出てきたら"list disk"と入力してEnterを押します
・ターゲットのドライブの番号を確認します。
"select disk (ターゲットのディスク番号)"と入力してEnterを押します。
 例えばディスク4がターゲットの場合は"select disk 4"となります。
"list partition"と入力してEnterを押します。
・表示を見て、これから壊すディスクに相違無いことを確認します。
"clean"と入力してEnterを押します。

f:id:hima-ari:20171228200825p:plain

・最後にダメ押しで"list partition"を実行してぶっ壊れたことを確認しても良い。
・一度ストレージを取り外し、接続します。
 内蔵のSSDやHDDなど、取り外しが出来ないストレージの場合はPCを再起動してください。

 これでターゲットのストレージは壊れ、Windowsが横からちょっかいかけてこなくなります。


●ChkFlashで検査する

・アプリを「管理者として実行」します。
 これはショートカットかプログラム本体を右クリックすれば出てきます。

f:id:hima-ari:20171228201234p:plain

・左上のアクセスタイプ枠内、"物理デバイスとして"を選択します。
・デバイスから対象のドライブを選択します。
 見切れててもカーソルを合わせるとポップアップで全体が見れるので、
 よく見て選ぶこと。
・アクション タイプから"読み書きテスト"を選択します
"最小パターン"を選択します(デフォルト)
・テストの長さから"フルパス1回"を選択します(デフォルト)

f:id:hima-ari:20171228202146p:plain

・右下の"スタート!"を押します。
これで全ての領域に0と1とが書かれ、それが正しく反映されていることが確認出来ます。


●検査対象のディスクが出てこない場合

 検査するストレージがSSDであるなどリムーバブルストレージでは無い場合はChkFlashがストレージを認識してくれないので、chkflashのショートカットを作って、リンク先の尻に" /ALL"を入れておきます。

f:id:hima-ari:20171228201614p:plain


●ChkFlashでさらに検査する

 さらに念入りに検査したい人はアクションタイプから"フルパターン"を選択出来ますが、かかる時間はさっきの奴の9倍です。
 少々めんどいですが、0Fillや1Fillをやりたい人は
"書き込みパターン"でパターンを選んで実行

f:id:hima-ari:20171228203238p:plain
・完了を待つ
"検証パターン"でベリファイを行ってください。

f:id:hima-ari:20171228203257p:plain

 書き込み検証ってアクションタイプが欲しいよ…
 バッチ処理で出来るっちゃ出来るんだけどめんどいのよね…

 

●掃除する

 テスト用にデータが書かれたままなのでキレイキレイします。
 前項の"書き込みパターン"を応用するでもいいし、"完全消去"を使うでも良いです。お好きな方でどーぞ。

f:id:hima-ari:20171228205253p:plain


●フォーマットする

・SDはSDフォーマッタでフォーマットする。
 使い方は見たら分かる筈…

f:id:hima-ari:20171228205853p:plain

 なお、"上書きフォーマット"を使う事で前項のお掃除作業をスキップする事が可能。

NTFSはディスクの管理で初期化とフォーマットする。
 8以降ならWindows+Xキーのメニュー内に並んでる。
 7以前はコントロールパネルの管理ツールの中にある。

 内蔵ディスクの場合、ディスクの初期化を求められることがある。
 2TiB未満なら基本的にMBRでいい。
 GPTは2TiBを超える場合か、OSのインストール用。
 でもOS入れる場合はここで弄らずに何もしない方が良いと思う。

f:id:hima-ari:20171228210354p:plain
 なお、"クイックフォーマットする"のチェックを外す事で前項のお掃除作業をスキップする事が可能。

 

ベンチマークを実施し、比較する

 どうやら無事らしいカードの様子↓
f:id:hima-ari:20171228214053p:plain

 どれだけ落ちたらアカンのかという辺りは指標が無くて分かりませんが、ここまで書いてきた程度のテストでどうにかなるほどフラッシュメモリてヤワじゃないですよ。
普通の製品ならね。
 とまれ、なんか使ってる内にパフォーマンス落ちてくんですけど、と交換希望の際に分かり易いのでデータは前後とも取っといた方が良いです。「レビューの誰々さんと結果が違う!」というのは基地外クレーマーの類いと見做されますんで… 大変ですけどね。
 ちなみに、試験環境にExcelがあるならAlt+Print Screenでスクショ取ってシートにそのままペースト出来ます。保存、注釈、並べ替え、など簡単に出来るのでお勧めです。

……
 これで最初から壊れてるSDをとっとと返品出来ますね。
 なお、本手順では容量が偽装された海賊版の検出はできないのですが、その心配がある場合はh2testwでも使ってください。こちらは良い記事があったので紹介のみで済んで楽だわー。

sdnavi.com


 「ただでさえ書き込み回数に制限のあるフラッシュメモリにゴミデータをモリモリ書いていくとか、いきなり中古みたいで嫌」という人も居るかもしれませんが、そういう処女信仰めいた使い方はマジで止めた方が良いと思うの。確認大事よ。
 SSDならまだSMARTとかあるけど、SDは産業向けのメーカー独自の実装でもなきゃ代替セクタの発行数すら分からんのですよね… 死ぬときゃ突然ですよ、コイツら。
 挙動は様々ながら、初期不良品は全領域書き込み2パスに耐えられない事が殆どなので安心して使えるようになるのではないでしょうか。

 なお、HDDでも同様のテストが出来ますが、初期不良品を洗い出せるかは微妙。
 ディスクの不良は洗えるけど、駆動部分の不良は洗えませんので…
 というトコ把握しつつ結局やるんだけどね! 私は!

 

わかりやすい手順や記事は別の人に任せた! そんじゃーね!

就活しなきゃ。

失業記念にレビューを書いた。

 

review.kakaku.com

 

【はじめに】
印刷なんて滅多にしないし、
正直コンビニでええやんという生活を送ってましたが、
ワタクシこの度会社をクビになりまして…

…んで履歴書とかバンバン書いていく必要が出てきまして、
こういうとき、やっぱ紙に出して確認って強いんですよね。
それにコンビニ印刷で角2号封筒を手差しで印刷とか
中々難易度高いので、A3プリンタの検討をしたわけです。
最後にプリンタを買ったのが10年以上前で完全に浦島太郎でしたが、
今回は良い買い物が出来たかなぁとか思ってます。


【デザイン】
昔のプリンタといえばアレコレ付けたり外したりが忙しく、
やれあの部品を取っておけだ、やれこの部品はこう畳んで保管しろだ、
兎に角邪魔くさくてクソやかましいシロモノだった憶えがありますが、
本機ではそうしたアレコレは全部本体に畳み込まれてるし、
なんなら排出トレイは自動で開いて出てきます。
ここ閉じたまま印刷してえらい目にあった過去を思い出しますね…
やや故障が怖くもありますが、便利です。


【印刷速度】
以前はえらく画質の悪い割にアホほど遅いプリンタを使ってましたが、
きれいモードでもA3が数分かからず出てきます。


【解像度】
画質は十年前の4色機とは雲泥の差としか言い様がありませんね…
普通モードやきれいモードの淡色部分で粒状感を感じるものの、
普通に見て気になるほどかといえば全然。
そもそも、昔に比べて細かい物が見えなくなってきたのを感じます。
トシっすね。

んで10年前のクッソ古いインクジェットA3用紙いっぱいに
水晶雫さんを印刷してみましたが、
粒状感やボケは10年前の4色機とは比べものになりませんね…

f:id:hima-ari:20170709025041j:plain

               ←印刷  ディスプレイ表示→

上記写真はA3いっぱいに印刷した雫さんと、
Aquos ZETA SH-04Hにだいたい同じくらいの大きさで
表示した雫さんを撮り比べたものですが、
細かすぎてカメラのフォーカスが自動で合ってくれません…

f:id:hima-ari:20170709025213j:plain

5.2インチのFull HD液晶にシャープさでこそ負けてますが、
ドットが見えるほど寄ってもインクの粒を感じないレベルなワケで、
普段から写真を印刷する気は更々無い身には過ぎた性能な気がします。


【静音性】
普通にやかましいけど、こんなもんじゃないかな感。
前使ってた機種よか大人しい印象。
静音モードは試してません。


【ドライバ】
特に迷う所も無くサクッとインストール出来ましたし、
インタフェースもまぁ普通。
それなりに分かり易い部類なんじゃないでしょうか。
カラーマネジメントまで考え始めると多分印象変わるかもしれませんが、
私はその辺よくわかってないので評価出来ません…


【印刷コスト】
他をよく知らないのですが、カタログスペックで見てもかなり酷い。
A3とかコンビニで印刷した方が圧倒的に安いんじゃないかな…
ちょろっと動作テストしただけでインクが4割は減ってるザマで、
インク代はかなり怖いですね…


【サイズ】
個人的にはこれが購入の決め手。
A3機は兎に角ガタイがデカくなりがちなのですが、
1枚差し専用という割り切り仕様で上手く逃げたなーと。
CD印刷トレイとかも本体に刺したままにしておけるので、
付属部品の保管場所という意外と厄介なスペースも少なく済んでます。
これ、スキャナの無い単機能モデルよりコンパクトなんですよね。


【ほか】
最近のプリンタは結構な割合でWi-Fi付いてて便利ですね。
電源一本繋ぐだけ。用が済んだら押し入れにでも放り込んでおけばOK。
本機にはLANポートも付いているので無線でなくても大丈夫。
プリンタサーバもプリンタの共有も不要と来たもんです。良い時代だ。

タッチパネルは感圧式なのか、ややおっとろしい印象…
爪で操作するのも傷塗れにしそうで怖い。
まぁ、こういうものは使ってくうちにボロくなるモンなので
割り切るしか無いのでしょうけど。

他のレビュアーさんも言ってますが、
手差しは印刷開始するまで投入不可、しかも一枚ずつ!
これはやっぱりウザイでしょう。
とはいえ、複数枚投入のための機構って中々複雑なんですよね。
ジャムの原因にもなるし、どうしたってガタイがでかくなる。
A3頻用の方で多少の高さと奥行きの上昇を許せるのであれば、
EP-10VAって上位機種を選んだ方が良いかもしれません。


【総評】
レビューなんか書いてないで履歴書でも書けって?
うん。同感です。同感なんだけど今日はお休みなの。
今日はお休みって決めたんです!
大丈夫何とかなるさァ!

ちなみにクビが決まって最初にやったことは、
地元に帰ることになった時のために
果てしなく散らかった部屋を片付ける事でした。
引っ越しする際には箱に入ってないと辛いからね。
床が見えるようになるまでに1週間かかりました。
しかし未だにおもちょ箱にブチ込んで放置!
みたいなゾーンがチラホラ残ってて頭痛いです。

話がはなから盛大に逸れてますが、
ぶっちゃけ総評書けるほど使い込んでおらず、
今回はさわりだけってことで。
細かい所はこれから始まる就活で使い込む内に書くかもしれない。